インターネット販売員の私のメモ帳インターネット販売員の私のメモ帳

インターネット販売員の私のメモ帳みたいなサイトです。あれこれ情報を書いて行きます。
Speed Wi-Fi NEXT W

Speed Wi-Fi NEXT W

Speed Wi-Fi NEXT WX02は4×4MIMOと言う機能に対応し、下り最大通信速度が従来の二倍となる220Mbps出る部分が特徴のWiMAX端末です。

4×4MIMOとはWiMAX端末内に装備されている4本の受信器と、WiMAX基地局に設置された4本の受信器で4回線の同時通信を行なうテクノロジーの事です。



このテクノロジーにより、下り最大通信速度が以前の110Mbpsと言う速度から、二倍の220Mbpsになる訳です。



それに、Bluetoothに対応していますから、Wi-Fiよりもわずかな電力でテザリングをする事が出来ます。WiMAXサービスは電波を使ったネットサービスとなっていますから、人により人体に対する悪影響を気にする人もいる事でしょう。具体例を出せば、各電子機器の電波が細胞に傷を付けて発がん性を高めるのではないのかとか、精子の動きを低下させるのではないかと言うような噂も広がりました。ただ、WiMAXの電波が使用する2.5GHzの電波に関してだと、体へ及ぼす影響の医学的な根拠が示されていません。また、ペースメーカーへ与える影響に対しても気になる部分ではありますが、総務省の研究により影響のない事が確認されていますので、WiMAXサービスは安心して使用する事が出来ます。各WiMAX端末にはクレードルと言う充電用台座が別に売られていて、値段としては大体3000円前後します。このクレードルの必要性が気になると言う人もいるでしょうが、基本的にはなくてもWiMAXを使用する事が可能です。ですが、クレードルがある事によってイーサーネットポートを使用する事が出来ますので、LANケーブルを使用したAPモードやルータモードを使用する事が出来るようになります。
加えて、常にWiMAX端末をフル充電の状態で維持する事が出来ますから、いつも外に持ち出す事が可能になります。
WiMAXサービスの契約を検討する時には、少しでもサービス内容に対して分からない部分がある事で手続きを進めれなくなる事があります。ご質問先の電話番号が掲載されていても、押し売りされるのではないかと心配になってしまいます。
そう言う不安に対して配慮して作られていると言うのが、nifty WiMAXのキャンペーンサイトに備え付けられているチャットスペースです。質問が出て来た時点で入力して送信出来、即座に詳しいスタッフから回答を得る事が出来ます。

WiMAXサービスを提供するプロバイダの間において、評判のプロバイダの一つとしてGMOとくとくBB WiMAX 2+が挙げられます。

GMOとくとくBB WiMAX 2+は様々なキャンペーンを行っており、そのバリエーションの多さも評判の秘密です。ですけど、GMOとくとくBB WiMAX 2+が選ばれる一番の大きな理由としては、業界の中でも最高額のキャッシュバックキャンペーンが挙げられます。

それに合わせ、保証体制もしっかりしているので、そう言った点が人気を支える大きな部分となっているのです。

電気屋さんで、光回線に興味は無いかと店員に尋ねられました。


既にWiMAXを使っている私ですし、無論、光回線は必要ありません。WiMAXユーザーなので必要ないと答えたところ、想像もしてなかった返答をされました。
WiMAXだったら、天気の悪い日は受信が悪くなるでしょう?だけど、これまで3年間WiMAXを使用して来た上で、WiMAXが天気に左右され、使えなくなる等と言う事は一度もありません。


台風で天気が大きく荒れた日も何度かありましたが、WiMAXの通信が遅くなったり、受信具合が悪くなったりと言った事はありません。UQ WiMAXを購入すると、WiMAX機器しか必要ないので、屋内がさっぱりします。
光回線だと電話線とモデムとWi-Fi機器が必要で、その間をLANケーブルで繋ぐ必要性があります。モデムは月々レンタル料金が必要で、月額料金に上乗せされます。

加えて、モデムに無線カードを差し込むと言う方法もありますけど、無線カードを使用する際はレンタル料を取られてしまいます。
近年のUQ WiMAXサービスと言えば、au 4G LTEと言う通信回線に対応しているWiMAX端末も登場しています。au 4G LTEはauの通信回線で、人口カバー率が99%を超えると言う、とても受信しやすい通信回線なのです。

800MHzと言う低周波数を使用したプラチナバンドで、障害物があってもすり抜けたり回り込んだりして、奥まった場所まで電波が届きやすいです。従来のau 4G LTE通信の下り最大通信速度は75Mbpsでしたが、下り最大通信速度が100Mbpsに対応しているエリアや、下り最大通信速度が150Mbpsに対応している地域も拡大して来ています。

UQ WiMAXじゃなく、KDDIのWiMAX端末として登場したSpeed Wi-Fi NEXT W03(HWD34)は、下り最大通信速度が370Mbps出ると言う点がウリのWiMAX機器です。これだけ速い通信速度を出す事が可能になる理由は、WiMAX 2+とFD-LTEを使用したキャリアアグリゲーションにあります。



この3波キャリアアグリゲーションですが、WiMAX 2+のTDD2波とFDDLTEの1波の周波数の帯域を同時利用する事によって、下り最大通信速度が370Mbpsと言う驚きの通信速度を実現出来ていると言うわけなのです。


だけども、Speed Wi-Fi NEXT W03(HWD34)を取り扱っている店舗には限りがあるので、利用可能なキャンペーン特典の選択肢もそんなに多くありません。


WiMAXを運用しているプロバイダですが、数社存在します。

各プロバイダのキャンペーン特典でお得感に差がありますので、そのあたり、注意した方が良いです。例として、WiMAXとタブレットの両方が欲しいと言うのであれば、GMOとくとくBB WiMAX 2+がそう言うキャンペーン展開を行っています。



つまり、各キャンペーンでお得感は違いますので、お得なプロバイダと契約を行なうようにしましょう。

KDDIで取り扱っているSpee

KDDIで取り扱っているSpeed USB STICK U01はUSBサイズのWiMAX端末で、下り最大通信速度が220Mbpsも出す事が可能な点が特徴のWiMAX機器です。

その秘密は2回線分のWiMAX 2+回線の帯域を束ねて使用する事によって、従来の倍の通信速度を出す事が出来るキャリアアグリゲーションと言う技術にあります。
それに加えて、Speed USB STICK U01と言うWiMAX端末はau 4G LTEと言う通信回線も利用出来ますので、人口カバー率99%と言った広大な通信エリアを利用する事が出来ます。


Speed USB STICK U01はバッテリーを機器内に装備していませんから、USBポートから常に給電しつつ利用するタイプのWiMAX端末となります。

WiMAXを利用していて感じるメリットは、いくつか思い浮かびます。

一つ目が、モバイルインターネットですから、どこからでもネット通信に対応しています。



続いて考えられるのが、無線のネット回線なので、インターネット開通の為の回線工事は行なう必要がありません。

そして、モバイル通信と言う事で、毎月の通信費が低くなると言うメリットがあります。


なおかつ、速度の制限が厳しくないと言うところも、WiMAXを選択する理由と言えます。



GMOとくとくBB WiMAX 2+の契約時に利用出来るオプションサービスの中には、Wi-Fi(公衆無線LAN)接続オプションと言った月額362円のオプションサービスもあります。

Wi-Fi(公衆無線LAN)接続オプションとは何なのかと言うと、ワイヤアンドワイヤレス社の運営しているWi2エリアとUQコミュニケーションズ株式会社の運営しているUQ Wi-Fiエリアを利用出来るサービスの事です。
対象となるWi-Fiスポットは全国10000ヶ所以上で、駅や空港やバス、飲食店やホテルなどと言った場所で利用する事が出来ます。Wi2エリアの中には別で1時間利用ごと100円掛かるオプションエリアチケットを買い取る必要のあるエリアがありますが、オプションエリアチケットを買い取った料金分はGMOポイントで還元して貰えます。

各WiMAX端末にはクレードルと言う充電用台座が別売りで売られていて、価格としては大体3000円前後します。

このクレードルの必要性が気になる方もいるでしょうが、基本的にはクレードルはなくてもWiMAXを使用する事が出来ます。



ですが、クレードルがある事でイーサーネットポートを使用する事が出来ますので、LANケーブルを使用したAPモードやルータモードが利用する事が可能になります。また、いつもWiMAX端末を満充電の状態で維持する事が出来ますから、いつも外に持ち出す事が可能になります。Broad WiMAXとは株式会社リンクライフが管理するWiMAXサービスで、特に月額最安プランと言う料金プランが特徴的です。月額最安プランの特徴としては、月額料金が安い代わりに初期費用が必要となる部分が挙げられます。


だけども、一定条件を満たす事で初期費用が無料になるWeb割と言うキャンペーンが実施されていますので、結局は初期費用を支払う必要がありません。なおかつ、いつでも他のインターネットサービスに乗り換える事が出来るご満足保証と言う制度があったり、WiMAX端末が最短で即日発送されると言う点もBroad WiMAXの特徴となっています。WiMAXを利用する際に、注意する速度制限が二種類あります。
ひとつ目が、月間データ量による速度制限、一般的に言われている7G制限と呼ばれているものです。



次いで、混雑回避の為の速度制限と呼ばれるものがあります。
ギガ放題プランで契約することで、ハイスピードモードを使用時の月間データ量による速度制限は免除となります。でも、混雑回避の為の速度制限に対しては適用になります。この所、WiMAXの契約先の中には、独自の保証制度を設けるプロバイダが出て来ています。例を挙げれば、Broad WiMAXはご満足保証と言う保証の制度を用意しています。あとは、GMOとくとくBB WiMAX 2+は20日の保証制度を導入しています。どちらの保証制度にしろ、違約金を支払わずWiMAXの解約手続きを行なう事が出来ると言う制度となります。



携帯型タイプのインターネットサービスには、WiMAX以外にも色々なサービスがあります。

具体例を挙げると、速度制限無しを掲げるぷららモバイルLTEが存在します。
速度制限の無いぷららモバイルLTEではあるのですが、上下最大通信速度は3Mbps程度しか出ません。この通信速度、WiMAXの速度制限時よりも遅いです。
そう言う理由で、速度制限無しとは言えども、WiMAXを例に出すと、いつも速度制限状態と変わりありません。WiMAXと言うインターネットサービスの提供元となるのは、auの子会社となるUQコミュニケーションズなのです。そんな訳で、auに連携したサービスが複数存在します。その中でも特徴的なのが、auスマートバリューmineとなります。WiMAXの契約を行った後にauで手続きを行なうと、auの月額料金が安くなるサービスとなります。



WiMAXのサービスの中でも、最もサポート関連が充実しているのはUQ WiMAXで間違いありません。WiMAXサービスに対して情報を一番把握していますし、トラブルが起きた際のフォローも最も迅速かつ的確で、サポート対応時間も最長なのです。
けれど、UQ WiMAXはその代わりにキャンペーン特典の内容が今ひとつですから、代理店と契約を行なうと言う方法もあります。
代理店だとキャンペーン特典がそれなりに充実していますし、サポート対応はUQ WiMAXを利用すると言う良いとこ取りが可能です。


WiMAXサービスを契約すると、その機能性の高さ

WiMAXサービスを契約すると、その機能性の高さに驚かされます。

自分が契約後に感じたのが、通信制限がそんなに厳し過ぎないと言う部分です。
私はワイモバイルからUQ WiMAXへの買い換え組なんですが、帯域制限のせいでイライラする事が無くなりました。


UQ WiMAXサービスにも速度制限はありますけれど、ギガ放題プランで契約すれば気になるレベルでは無くなるのです。



WiMAXを使用する際に、注意すべき速度制限は二種類存在します。

まず、月間データ量による速度制限、一般的に言われる7G制限と言われているものです。


続いて、混雑回避の為の速度制限って呼ばれるものが存在します。
ギガ放題プランへ申し込む事で、ハイスピードモードを使用時の月間データ量による速度制限は適用外になります。


ではありますが、混雑回避の為の速度制限に対しては適用されます。BIGLOBE WiMAX 2+でWiMAXサービスの申し込みをすると、二種類あるキャッシュバック特典から好きな方を選択する事が出来ます。まず、契約13ヵ月目に貰える現金キャッシュバックで、もう一方が24ヵ月の間継続して毎月900G貰えるGポイントでのキャッシュバックです。


Gポイントの方が貰える金額が若干多く、早い段階から貰えるのに加え、受取り損ねてしまうリスクも現金キャッシュバックより低いです。GポイントはBIGLOBE WiMAX 2+の使用料金の支払いに利用可能ですし、Suicaポイントやnanacoポイントや航空マイルなどの約140社のポイントに変換出来ます。WiMAXを運用しているプロバイダですが、何社か存在します。



契約するプロバイダ毎にキャンペーン内容が異なりますから、そう言った点で、ご注意下さい。一例ですが、ある程度の高額キャッシュバックと安心感の両方を希望する方は、BIGLOBE WiMAX 2+がお薦めです。



つまり、各キャンペーンでお得感は違いますので、プロバイダ選びは慎重に行なうようにしましょう。


WiMAXサービスを利用していて思う利点は、複数ある様に感じます。具体的には、モバイルのネット通信ですから、どこにいてもインターネットにアクセスする事が出来ると言う点です。

次に、モバイル通信と言う事で、ネット開通に伴う工事は不要です。

その他にも、インターネット開通工事が不必要と言う事で、安価でインターネットサービスを利用する事が出来ます。なお、帯域制限の規制が緩いと言う点も、WiMAXの魅力の秘密です。

UQ WiMAXサービスの強みは、帯域制限が厳し過ぎないと言う部分にあります。


他のモバイルインターネットなら、通信制限が恐ろしくて映画など視聴出来ません。大丈夫な事と言うと、5分ほどの動画を数日に一回程度観る位でしょう。でも、WiMAXならば堂々と映画が視聴出来ますし、一日中ネット放送を流しっぱなしにしても平気です。



WiMAXサービスの中でも業界最安値で有名なのが、楽天サービスが運営しているRacoupon WiMAX 2+というプロバイダです。
Racoupon WiMAX 2+の強みは月額料金の安さのみではなくて、楽天クーポンの割引チケットが1000円分貰えると言う点も挙げられます。その他に、月額利用料金の中には安心サポート代が含まれていますので、万が一WiMAX端末が故障した場合であっても安心出来ます。


その上、通常は20000円するWiMAX端末の代金が、Racoupon WiMAX 2+ならば無料になる特典も付いて来ます。
電器屋さんで、光インターネットサービスを始めないかと勧誘を受けました。私にはWiMAXがありますから、当然、光回線は不要です。ですから、必要ない意思を店員に対して伝えると、呆れるような返事が返って来ました。


WiMAXなんか、天気によって受信具合がコロコロ変わるでしょう?ですけれども、今までWiMAXを使用して来て、天気によってWiMAXの受信具合が変わると言う事は一度もありませんでした。

嵐で天気が大いに荒れた日は何度か経験しましたが、WiMAXの通信環境に影響を与える事はありませんでした。



GMOとくとくBB WiMAX 2+でWiMAXの申し込みを行なうと、月額料金の決済の度にGMOポイントが100pt貯まります。貯まったGMOポイントはBBウォレットにて100円に換金出来、GMOとくとくBB WiMAX 2+の月額料金に使用する事が出来ます。
BBウォレットの残高にお金を入れておくと、何もしなくてもGMOとくとくBB WiMAX 2+の月額料金として使用されます。更には、GMOポイントは約2万店の提携ECサイトのネットショッピングで現金の代わりに使用出来たり、クーポンサイトであるくまポンで現金代わりに利用する事も出来ます。


WiMAXと言うネット通信サービスなのですが、このインターネット通信サービスって、7G制限が行われない分、少しは使い勝手が良い点が特長となります。
って事で、一日中インターネットを行なう様なヘビーユーザーにすれば、一番お薦め出来るモバイルのインターネットサービスと言えます。
7G制限のストレスがしんどいと言うのであれば、導入するのも良いでしょう。





Copyright (C) 2014 インターネット販売員の私のメモ帳 All Rights Reserved.